腸内細菌(善玉菌優性と悪玉菌優性)について説明

善玉菌優性とは?腸内細菌について考える

 

 

善玉菌優性と悪玉菌優性

善玉菌がおなかの中で多く活動し、悪玉菌を抑え付けている状態を善玉菌優性と呼びます
おなかが強い人や健康な人、体調が安定している人は善玉菌優性な人である可能性が高いという事です

 

善玉菌は人の健康や生命活動に必要な物質を生成しています。
ホルモンやビタミンの生成、消化吸収や脂質の代謝、免疫の強化や感染への抵抗なども行っており、腸内環境の正常化に無くてはならない物質です。

 

腸内で善玉菌が減り、悪玉菌の割合が多くなってしまった場合には悪玉菌優性と呼び、免疫機能の低下、腸内アルカリ性への傾き、おなかの様々な不調や生活習慣病の原因となります。

 

善玉菌の種類や善玉菌を多く含む食品は以下の物があります。
積極的に取り入れてお腹の環境を良くしましょう。

 

乳酸菌・・・チーズ、みそ、ヨーグルト、漬物、日本酒
納豆菌・・・納豆
麹菌・・・みそ、しゅうゆ、日本酒、焼酎、
酵母菌(イースト菌)・・・ワイン、日本酒、ビール、パン
酢酸菌・・・酢
ビフィズス菌・・・ヨーグルト

 

 

悪玉菌はどこから来るの? 悪玉菌は無くせないの?

善玉菌と同じく腸内細菌として存在している悪玉菌。
有名な物は大腸菌、ウェルシュ菌、ピロリ菌などがあげられます。
元々人の体内に存在している場合もあり、飲食から摂取する場合もあります。

 

加熱処理が不十分な食品や不衛生な食べ物や飲み物などに多くいる場合があります。
土壌や海水や天然水などに生息しており、例えば野菜の洗い方が不十分、加熱がたりない魚や肉、湧き水などから取りこむケースが多いです。

 

しかし、悪玉菌は完全に体から根絶することは不可能で普通に生活している限り人の体に取りこまれます。
また、最初から体内に存在している種類も多く、生活習慣や食生活で悪玉菌は数を増やすので腸内細菌の一部として扱われています。

 

 

その他の菌、日和見菌の存在について

善玉菌と悪玉菌とは別に日和見菌と呼ばれる腸内細菌が存在します。
これは特殊な性質を持ち、腸内で優性の菌と同じ作用をします。
つまり、善玉菌や優性の場合には善玉菌のサポートや同じ働きをして腸内環境を良い方法に傾けます。

 

しかし、悪玉菌が優性になった場合には日和見菌は悪玉菌のサポートの周り、腸内環境をより悪くする様に働くのです。
バクテロイデス・大腸菌(無毒株)・連鎖球菌等があります。
場合によっては日和見菌が腸内環境(腸内フローラ)の鍵とも言われる事があり、日和見菌にも注目すべき点は多くあります。

 

 

悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす方法(善玉菌優性にする方法)

善玉菌は食品から摂取できます。

 

上記に記載した善玉菌を多く含む食品を摂取する事、いわゆる菌活を行う事で腸内細菌(腸内フローラ)を善玉菌優性へと傾けることが出来ます。

 

しかし、ただ無計画に善玉菌を多く摂取しても思うようには効果が現れません。

 

悪玉菌を減らす努力も必要となります。
悪玉菌の増加、これは生活習慣と不衛生な食品が多くの原因となります。
できる限り規則正しいリズムで無理のない生活を送り、きちんと調理された食品を摂取する事を意識しましょう。

 

そして日和見菌にも注目してください。
日和見菌のエサとなる食品も多く摂取する事で日和見菌は善玉菌優性となります。
主に以下の食品が日和見菌と善玉優性に良いとされています。

 

食物繊維・・・野菜、海藻類、
ラクトース(糖質)・・・牛乳
オリゴ糖・・・きな粉、豆類、ゴボウ、玉ねぎ、ハチミツ、豆乳
乳酸菌を多く含む食品・・・ヨーグルト、チーズ、味噌、納豆、漬物、キムチ等

 

 

腸内環境(腸内フローラ)を整える効果的な方法のまとめ

 

生活習慣の見直し、規則正しい生活を心がける

食生活の改善、善玉菌を含む食品を積極的に摂取する(乳酸菌やビフィズス菌など)。
悪玉菌が好む生活環境や食事をできる限り回避する。
日和見菌の栄養となる食品も多く取り入れる(オリゴ糖や食物繊維など)。
食事のコントロールが難しい場合にはサプリ等で栄養や腸内細菌を取り入れる。

 

 

→TOPページへ戻る