ダイエットと菌活の関係、善玉菌はなぜダイエットに有効なの?お勧め食べ物

ダイエットと菌活の関係とは?

ダイエットと菌活の関係とは、人間が食べ物を食べた時の栄養摂取の細菌類の活動が関係しているからです。

 

人間が食べ物を食べた時に、真っ先に吸収しようとするのが細胞の活力剤になる肉や野菜の中に含まれている糖分です。
糖分は大腸に運ばれて吸収されると、血管を通して肝臓に送られた後に肝臓の分解酵素で変化しブドウ糖となります。
ブドウ糖となった後は再び血管を通して全身の細胞に送られ餌になると細胞が活発に動き再生や病気の原因になるウィルスの増殖などを抑えます。

 

しかし変化したブドウ糖はすべて使いきれない場合は大腸に送られて排出されるのですが、問題はその大腸の働きです。
大腸の働きが悪くなる腸内フローラの一つである悪玉菌が増えると大腸の排出力が落ちることになり、大腸に戻ってきた余分なブドウ糖を排出できなくなり再び戻ります。

 

その戻ったブドウ糖は再び肝臓に送られて脂肪に変わり体内に蓄積していきます。
それが肥満の原因であり、ダイエットをしているのに痩せないのは大腸の排出力が落ちていることでブドウ糖の排出がうまくいかないことが挙げられます。

 

そこで発酵食品などの菌を摂取すると、腸内フローラの一つである善玉菌が発酵食品の菌を食べて数を増やします。
数が増えた善玉菌はブドウ糖を食べてくれるので大腸に再び吸収される量を減らしてくれます。
そして適切に輩出できる量になったブドウ糖を、こんどは善玉菌の出す酵素ガスが大腸のぜん道運動を活発に動かしてくれるので大腸の中にたまっている便と一緒に余分なブドウ糖を輩出してくれるのです。

 

発酵食品などの菌を摂取するとダイエットに有効の理由は、元々体内に存在する腸内フローラの一つである善玉菌が発酵食品の中にいる酵母菌を食べて数を増やし、その数をより増やすために肝臓によって変化したブドウ糖を食べてくれて吸収する量を適切にしてくれます。
そして適切な量にしても残ったブドウ糖を、今度は数を増やして善玉菌の酵素によって排出することで有効になるのです。

 

ダイエットと菌活の関係でおすすめの発酵食品としては生きた酵母と胃酸によって死滅したものもすべて含めて大腸に送るのがいいので、最初は胃酸にやられる種類を作るために味噌やキムチそして緑黄色野菜などの乳酸菌が入った食べ物を食します。

 

そしてこれらの食材を食べきると胃酸の活動が弱まるので、その時にデザート感覚ではちみつやメープルシロップといったオリゴ糖を含んだヨーグルトを食べるとよいです。

 

→TOPページへ戻る