様々な乳酸菌の種類とそれらが入っている食べ物は??

こんなに多い乳酸菌の種類、おすすめは?

お腹の調子を整える健康的なイメージの乳酸菌。
しかし、その種類は約600種類にも上り、今なお研究がすすめられ、新しい菌が絶えず開発、発見され続けています。

 

乳酸菌はその属、種、株の3種類から名称が決められていて、球状の菌をコッカス、棒状の菌をバチルス、らせん菌をビブリオと呼ぶこともあり、その名称からどんな菌であるかを想像することも可能です。
ヨーグルトなどにこの名称が使われたものがあるので身近に感じるかもしれません。
ラブレ菌やLGG菌と呼ばれているものでも、正式名称が存在し、便秘予防や免疫力強化の効果があるとして注目されているラブレ菌の正式名称は、ラクトバチルス・ブレビス・亜種コアギュランス・ラブレ菌といいます。

 

およそ600種類も存在する乳酸菌のすべてを網羅することは不可能なので、主な属について知っておきましょう。

 

一つ目は、ラクトバチルス属。
ヨーグルトの製造に古くから使われていた菌で、動物内の消化管にも多く含まれています。
ビフィドバクテイウム属はビフィズス菌とも呼ばれ親しまれている菌で、赤ちゃんの消化管内に最も多く含まれる常在菌です。
加齢とともに大幅に減少していくことが分かっているので、腸年齢を若返らせるためには積極的に取りたい菌です。

 

エンテロコッカス属は整腸薬としても使われる球菌。
同じく球菌であるラクトコッカス属は牛乳や乳製品に多く含まれています。
他にはピクルスなどを作るペディオコッカス属、ザワークラウトを作るリューコノストック属があります。

 

乳酸菌はヨーグルトやチーズのほかにキムチなど、いわゆる発酵食品といわれるものに多く含まれています。
自然の酸っぱさが発酵食品の特徴なので、私たちがすっぱいものを食べると健康にいいと感じるのはここから来ているのかもしれません。
また、日本人が昔から食べている味噌や醤油、ぬか漬けなども忘れてはいけません。

 

最近よく耳にするプロバイオティクスとは、生きたままの菌が含まれ、体への健康効果が期待できる食品のこと。
健康食品の謳い文句として耳にすることがありますし、最近では乳酸菌を生きて腸まで届けることができる技術が進み、より効果的な健康効果を得ることが期待できるようになりました。

 

アレルギーの抑制効果や花粉症の対策としても注目されていて、ヨーグルトなどから手軽に摂取できることも人気に一役買っています。

 

腸内環境は悪化すると老いや病気などのリスクが高まることが分かっています。毎日健康で若々しく過ごすために、食生活に発酵食品などを積極的に取り入れることをおすすめします。

 

→TOPページへ戻る