発酵食品など菌系以外におなかの調子を整える食品や栄養素にはどんな物があるのか知りたい。

発酵食品以外の整腸できる食品 【腸内環境改善】

日本では、健康やダイエットなど様々な理由によって腸内環境を良くしたいと考えている人が増えています。

 

お腹の調子を整えるには、整腸作用があって栄養が豊富な食べ物を摂取するのが良いと考えられています。
整腸作用がある食品は、日本に数多く存在します。

 

ヨーグルトなどの発酵食品は、整腸作用がある食品として有名ですが、腸内環境を良くする食品は発酵食品だけではありません。

 

発酵食品以外で腸内環境を整えるのは、水溶性の植物繊維、不溶性の植物繊維、オリゴ糖、タンパク質、ビタミン、亜鉛です。
食物繊維とオリゴ糖は、善玉菌を活性化させて腸内環境を良好に保ちます。

 

食物繊維には、水に溶けやすい水溶性の食物繊維と、水に溶けない不溶性の食物繊維があります。
水溶性の食物繊維には、体内に入った炭水化物の消化と吸収を緩やかにする作用があります。
そして、善玉菌を増やし、腸の粘膜も守ります。

 

水溶性の食物繊維は、水分保持力が高く、水に溶けるとゲル状に代わります。
海藻類やケール、カボチャ、大麦若葉、バナナ、プルーンなどは、水溶性の植物繊維が豊富です。
不溶性の食物繊維は、水に溶けないため胃や腸で水分を吸収します。
そのため、腸を刺激して蠕動運動を活発にして、さらに便のかさを増すのです。

 

不溶性の食物繊維は、玄米やオートミールなどの穀物、ゴボウなどの根菜類に多く含まれています。
オリゴ糖の中でも、難消化性のオリゴ糖は、胃や小腸で消化と吸収がされにくいので、大腸で善玉菌のエサになり、善玉菌の増殖を促します。
オリゴ糖が、ビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やすことで、腸内環境の改善が期待できるのです。
また、食物繊維と同じく、腸内の不要な物質を吸着して体の外へと排出する働きもあります。
そのため、便秘の改善のために使われることも多いのです。

 

オリゴ糖は、特定保健用食品としても認可されており、甘味料や飲み物にも添加されています。
善玉菌を増やすことで腸内環境を整えることも重要ですが、腸を健康にすることも大切です。

 

腸の健康は、腸粘膜と関係が深いため、腸粘膜を良い状態に保つことも大事です。
腸粘膜を保護することで、免疫機能の向上やアレルギーを防ぐ効果が期待できます。
ビタミンやタンパク質、亜鉛は、腸粘膜を保護するのに有効な成分だと言われています。

 

亜鉛は、新陳代謝が盛んな部位で必要不可欠な栄養素ですが、毎日の食事で不足しやすい栄養素なので、不足しないように気を付ける必要があります。

 

→TOPページへ戻る